先輩社員の声.case3

ホーム先輩社員の声.case3

1.入社のきっかけ

「ここで働きたい!」と心から思った

20社行った会社見学で、シンワトリニティが一番フレンドリーで働いている人の雰囲気が良く、「ここで働きたいな」と感じました。
働いている人みんなが生き生きと楽しそうで、なによりも製作物のレベルの高さに大きな魅力を感じたことがきっかけです。

今は歯科技工だけでなく、営業の仕事もやっています。
沢山ある技工所の中で、シンワトリニティに仕事を出していただける事に日々感謝しています。
数字以上に、人と人との繋がりを大切にすること、目に見えない結果が出たときの嬉しさは格別です!

2.ピンチ

先輩不在で手探りの日々

自分は技工士として入社したのですが、3年目の冬に技工士の仕事に加えて「営業」にも挑戦することになりました。
営業としての先輩はおらず、右も左も分からない状況に最初は不安でいっぱいでした。
手探りで試行錯誤していきながら少しずつ「営業」という仕事を学び磨くことができたのは、職場のみんなが技工士の仕事をフォローしてくれたからです。
チームプレイができたと感じると同時に、次に営業をやる人に「先輩」として教えられることが沢山ある、自分が乗り越えてきたピンチは無駄ではなくチャンスだったと今は感じています。

3.今後の目標は?

「歯科技工士」の視点を活かして

歯科技工所の営業の人で歯科技工士の資格を持っている人は珍しくそう多くはいません。
だからこそ、そこを強みにして「営業としてのトッププレイヤー」になることが目標です。
今以上に知識や経験を積み、負けない提案力を身につけ自分がシンワトリニティと歯科医院、先生方にwin-winの関係を創ります!

PAGE TOP